47歳、生理が飛び飛びで、量が多くて心配

生理の乱れは、典型的な更年期のサインです。

何が起こっているの

更年期では卵巣機能が低下して卵巣から出るエストロゲンが減少します。しかし、脳はまだ知りません。なのでエストロゲンの量が減っていることを察知するとエストロゲンを出すように命令をします。すると現場(子宮)は上からの命令なので一生懸命働き(エストロゲンを出す)ます。しかし、今までのような十分な働きではないので生理周期が乱れるのです。

我慢しないで漢方でやわらげる

数か月に一度になると、一回での出血は当然多くなります。
しかし、出血の量があまりに多いと心配になります。
夜用のナプキンを上手に利用してやり過ごすのも手ですが、漢方薬で不快な症状を解決しませんか。

ホルモン補充療法ではなく
エクオールでもない
たな選択!

自分で選ぶ、自分の健康
漢方薬にはたくさんの
バリエーションがあります。
自分の健康スタイルを見つけませんか。

漢方では「当帰」を使います。

たくさんある漢方薬の中から、更年期の諸症状緩和に有効な「当帰」を使います。

「当帰」とは

日本でも栽培されている生薬の一つで、セリ科の植物です。同じセリ科の仲間であるセロリのような独特な香りがします。

当帰の花

当帰の根 漢方薬では「根」を使います。

 

「当帰(とうき)」の働き

当帰は「血」にいく漢方と言われています。
「血」というと健康診断でいろいろな検査値を測る「血液」というイメージしかないと思いますが、漢方では血がもっている「働き」を「血」といいます。
「血にいく」とは血の働きを活発にするということで、血の流れをよくして、体を温めたり痛みを取ったり、さらに傷の修復にも一役買います。上の写真からも毛細血管のような雰囲気が伝わってくると思います。

更年期のアンバランス状態を緩和する当帰

子宮は血液が豊富な臓器です。そんな子宮の働きを助けるのが当帰です。機能低下で手薄になっている現場にヘルプ要因を送る感じです。しかしエストロゲンを補充するのと違い「元と同じように働け!」とは言わないのです。脳と子宮とのギャップで生じたアンバランス緩和に働きます。当帰が助けている間に体では脳と子宮とのギャップが埋まっていきます。

当帰の上手な取り入れ方

当帰の入った漢方薬はたくさんあります。症状と体質に合わせて選んでいかないといけませんが、まずは手軽にできるお茶をご紹介します。

当帰は普通にお茶のようにして飲んでも意外と効果があります
ただし、当帰だけだとセロリ臭さばかりであまりおいしくありません。
そこで、おいしくブレンドして飲むことをおすすめします。

「当帰」をメインに自分が気になる症状にあわせて、オリジナルなブレンド漢方薬草茶をつくりましょう!

おすすめブレンディング  美肌・アンチエイジング
おすすめブレンディング デトックス

気になる症状をもとに、漢方を選びます。
組み合せは自由自在。
ただし、おいしくするのにややコツがあります。
いっしょに自分オリジナルの漢方薬草茶をつくってみませんか。

- 料金 -

オリジナル漢方薬草茶の作り方

気になる症状、体質をチェック

簡単な問診票を使って、体質や気になっている症状、更年期チェックを行います。
改善する目標を決めます。 

自分の目的に合った漢方をチョイス

漢方の薬草といえば50種類くらいはありますが、その中からお茶として「美味しく」「効果がある」ものをセレクトしてあります。
自分の目的に合わせて4~5種類を組み合わせます。
もちろん、しっかりアドバイスします。

とりあえず飲んでみる!

オリジナルにブレンドしたお茶をとりあえず飲んでみましょう。

味をみて、おいしいことを確認してください。
続けて飲めそうであれば、それぞれの薬草を計り売りで小分け販売します。
必要な量をお買い求めください。

更年期の生理の乱れは
「当帰」を上手に使って乗りきりましょう。

お茶でくつろぐ時間をつくって、
リラックス&健康UP!

しっかり漢方薬を飲みたい方

症状もひどくて心配なのでしっかり漢方で治療をしたい方には漢方治療を行います。
問診をはじめ、舌を見たり脈を見たり、また病歴などを詳しくお聞きして症状を見ていきます。
漢方薬として粉薬、丸剤、そして煎じ薬などを使っていきます。

漢方治療について詳しくは「はじめての方へ」をご覧ください。

初めての方へ