症例 頭痛

40歳 主婦
4、5年間頭痛に苦しんでいます。
頭痛時にはノーシンを服用していますが、中毒の類にまでなって1日に12包も飲まないと治まらなくなっていました。
頭痛はもちろん、頭に何かかぶさっている感じがして、これがひどくなるとめまいが起こってくるとのこと。
肩の凝りも激しく、その上心配性で夜も熟睡できない。

体格はやややせている
生理は順調
ただし、手足は冷えていて夏でも冷えを感じる
便秘が少しあり

治療

体質から見て血の問題と診断し、

桃核承気湯(煎じ薬)を用いました。

⇒上手く当たったようで、わずか3日で頭痛も忘れたかのようになり大変喜ばれました。

治験例集/相川隆三郎著 小岩 大林先生 より
avatar
先生 考察
頭痛を「のぼせ」と解釈し、
上焦に依るめまい、便秘を考えあわせた

今回の漢方の解説

今回の漢方薬は「血」に働く
「桃核承気湯」
です。

桃核承気湯

体の中が詰まった(おもに血)状態を改善させる漢方薬です。
桃核承気湯は血の動きの悪いのを改善し、熱を冷まします。

体の中が詰まると起こる症状

のぼせ、頭痛、肩こり、便秘、足の冷え、腹痛、生理不順、不眠、自律神経失調症 などなど

桃核承気湯が効く頭痛

桃核承気湯が効く頭痛は、
やや熱を帯びた感じの頭痛です。
冷やすほうが気持ちよく、じっとしていても動いても状態があまり変わりません。
また、便秘症の方が多いです。

桃核承気湯が効く頭痛の目標

  •  熱っぽい、のぼせのような頭痛
  • 冷やすと楽になる
  • 便秘がある
桃核承気湯が効かない頭痛

桃核承気湯が効かない頭痛は、
冷えから起こっている頭痛です。
また、胃腸が弱く下痢症の方は適していません

Q
この方は、手足の冷えがあり夏でも冷えると言っていましたが、桃核承気湯を使っても大丈夫なのですか?
A

この方の冷えは桃核承気湯を使っても大丈夫な冷えです。
冷えには大きく2つあります。
●一つは、エネルギー不足からくる冷え
血流が少なく、エネルギーも少ない為に体の中の熱が少なく、体全体が冷えている場合の冷え

●二つ目は、詰まりからくる冷え
体に詰まったところがあり、熱がある部分とない部分に分かれてしまって冷えている場合

どちらの冷えであるかは冷え以外の他の症状を総合して判断します。

桃核承気湯の味

やや苦味があります。
しかし、甘い生薬も入っていますのでそれほど飲みにくくはありません。

桃核承気湯で注意すること

長期には服用しない
 下す作用があります。
 便秘がない時や下痢をしている場合は他の処方を考えます。

妊婦さんには使用しない
 流産のおそれがありますので他の処方を考えます。

今回の方のポイント

今回の40歳の方の頭痛は血の詰まり(滞り)が原因の頭痛でした。
ポイントはめまいと便秘です。
一見、血流の悪さが原因にも見えますが、
本当の原因は詰まっている(滞っている)ことでした。

血流の流れの悪さが原因であると「冷え」になり、
詰まりが原因であると「」になります。

同じように見えても原因が違えば体の中では反対の状態となっていて、
使う漢方薬も全く反対のものになります。

【参考】冷えが原因の頭痛の症例
28歳 手足が冷える慢性頭痛